角結膜疾患

弱視について

弱視とは?

もしこどもの視力が発達する途中で、たえずものを見る訓練ができなかったらどうなるのでしょうか?この場合、視力の発達は抑(おさ)えられ、止まってしまいます。これを弱視といいます。近視でめがねをかけると見えるようになる場合は弱視とはいいません。

どうして弱視になるの?

弱視はものを見る訓練ができないと起こりますが、ものを見る訓練ができない状態になる原因としては以下のようなものがあります。

斜視

斜視があると、成人ではものが二重に見えます。小児では二重に見えて、脳が混乱しないように、斜視になっている目を使わないようになるため、弱視なる場合があります。これを斜視弱視といいます。

遠視

遠視があると、近くを見るときも、遠くを見るときもはっきり見えないため、視力が発達せず、弱視になる場合があります。

その他

生まれつき、白内障(はくないしょう)などの目の病気がある場合、あるいは乳幼児期に眼帯(がんたい)を長い間(3〜7日間程度)つけたりした場合、ものを見る訓練ができず、弱視になる場合があります。

弱視はどうやって調べるの?

斜視とは違い、弱視は保護者の方が注意していても分からないことがままあります。特に片方の目だけが弱視の場合、よい方の目で普通に見ているため、気がつかないことが多いようです。3歳児健診の視力検査を必ず受けるようにしましょう。

家庭で弱視を発見するには・・・

  • テレビの前の方で見る
  • 目を細める
  • いつも頭を傾けてものを見る

など、いかにもものを見にくそうにしている場合には注意しましょう。また、片目を隠してカレンダーや時計を見せてみましょう。少しでも異常に気がついたときは必ず眼科を受診しましょう。

弱視はなおるの?

視力の発達が抑えられている期間の長さや程度によって、よくなる場合とならない場合があります。3歳くらいまでに見つかると、なおる可能性は高くなります。

弱視をなおす方法としては、遠視が原因の場合には遠視用のめがねをかけます。その他の場合は弱視の視力増強訓練(しりょくぞうきょうくんれん)を行う必要があります。
弱視の視力増強訓練は遮閉法(しゃへいほう)という方法で行います。遮閉法はふつうよい方の目を隠すことによって、弱視の目を無理に使わせようとする方法です。この方法は病院だけではなく、家庭でもずっと行わないと意味がありませんので、家族の協力が必要となります。遮閉法を行うときには眼科医の指示に従いましょう。

オルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーとは?

近視の方が手術せずに視力を矯正する方法です。
最近ではオルソケラトロジーによる近視進行抑制効果についても報告があります。

特徴

  • 日中裸眼で生活することができます。
  • 装用を止めれば角膜の形状は元通りになります。
  • 慣れるまで多少の時間がかかります。

Q&A

Q1 どうやって視力矯正するんですか?
特殊なカーブを持つコンタクトレンズを装用することで、角膜の形状を扁平化させ、寝ている間に視力を矯正します。矯正手段としてオルソケラトロジーの他に、メガネ、コンタクトレンズ、近視矯正手術(LASIK) があります。

LASIK との違い

  • LASIKと違い、オルソケラトロジーは手術が不要です。
  • 装用を中止すれば、角膜を元の状態に戻すことができます。

一般的なハードコンタクトレンズとの違い

  • 一般的なハードコンタクトレンズは日中に装用しますが、オルソケラトロジーに使用するレンズは夜寝ている間に装用します。
  • そのため、日中は裸眼で生活することができます。

Q2 昼間コンタクトレンズをはずして見えるのはなぜですか?
コンタクトレンズをはずしても一定の期間角膜形状が維持され、脱着後の裸眼視力を改善するからです。装着をやめると数日で裸眼視力は低下します。
Q3 痛みはありますか?
就寝中に装用するため異物感が少なく、今までハードコンタクトレンズが使用できなかった方や、コンタクトレンズが初めての方でも使用できます。特殊な形状のハードコンタクトレンズを使用するため、初日はゴロゴロとした異物感を感じるかもしれませんが、2日目、3日目と角膜が矯正されるにつれ、この異物感は薄れてきます。
詳しくは医師、スタッフにお問い合わせ下さい。
治療の仕組み

※画像をクリックすると拡大します。

ご予約・お問合せ

※当院は予約制をしております。
新患、再来をとわず予約を行えます。

電話予約はこちらへ

084-
927-2222

午前/8:30~12:00
午後/15:00~18:00

休診/木・土曜日午後
日曜日・祝祭日


(メールでの予約はお取り扱いをしておりません)

▲このページの先頭へ ページの先頭へ