白内障|三好眼科

白内障

白内障とは

白内障とは水晶体が濁る病気のことです。

水晶体は目の中にあって、カメラの中にあるレンズに相当します。年をとるにしたがって、水晶体は少しづつ濁ってきます。これは、年を取るにしたがって髪の毛が少しづつ白くなっていくのに似ています。

正常な目 白内障の目

このように白内障になる原因としては加齢が最も多いのですが、その他に外傷(昔、眼を打ったことがある、等)、放射線(放射線による治療を受けたことがある、等)、ある種の薬物(ステロイドホルモン剤、等)の使用、糖尿病などの疾患も白内障の原因となります。

いつ手術をするか?

白内障は、手遅れにならない限り、いつ手術してもよろしいです。白内障の初期には視力は殆ど悪くなりません。白内障はゆっくりと進行しますがそれに従って、視力はゆっくりと悪くなります。白内障による視力障害のために、あなたの生活や仕事に差し支えが出てきたら、手術を考えましょう。

例えば
  • 新聞が読みにくい
  • 掃除がやりにくい
  • 車の運転が不安になる

白内障の経過中に白内障が緑内障を引き起こしそうになったり、ぶどう膜炎を起こしたりすることがあります。このような時には、手遅れにならないように医師が白内障の手術を積極的に勧めます。このような時期を見逃さないために、白内障になったら信頼できる眼科医を定期的に受診しましょう。

術後しばらくは眼の感染や炎症を防ぐため、以下の点を心がけましょう

1 術後約1〜3 ヶ月は、医師の指示にしたがい点眼薬の使用
2 術後約1週間は、洗顔や入浴を避ける
3 眼の状態が落ち着くまでは直射日光から眼を守る

最先端の多焦点眼内レンズ(EDOF眼内レンズ)

~ミニウェル レディ®(SIFI社)とテクニス シンフォニー®オプティブルー(AMO社)~

眼内レンズとは、白内障手術によって取り出された水晶体の代わりに、眼内に移植される人工のレンズです。眼内レンズは白内障手術にかかわる様々な物品や機器の中でも最も手術後の視機能(見え方の質、生活の質)に影響するものです。
 眼内レンズには単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズとがあります。単焦点眼内レンズはピントが1つしかないため手術後も高い頻度で眼鏡を必要としますが、多焦点眼内レンズは単焦点眼内レンズと比べてピントの合う場所が多く、手術後の眼鏡の使用頻度を大幅に減らすことができます。

一口に多焦点眼内レンズといってもさまざまな種類があります。現在、最先端の多焦点眼内レンズであるミニウェル レディ®(SIFI社)とテクニス シンフォニー®オプティブルー(AMO社)は、Extended depth of focus眼内レンズ(EDOF)と呼ばれ、焦点深度(見える幅)を広げるようコンセプトされて作られた、全く新しいタイプの眼内レンズです。EDOF 眼内レンズは、単焦点眼内レンズと比べて、はるかに広い明視域(ピントの合う範囲)を獲得しながら、コントラスト感度(見え方の質)の低下やハロー、グレア(まぶしさ)、ゴースト(影のようなものが見える)などの副症状が少なくなるよう構造されています。従来の多焦点眼内レンズは、高い近見能力を得るためにコントラスト感度の低下やハロー、グレア、ゴーストなどの副症状を生じてしまう問題に悩まされていました。EDOF眼内レンズは、従来の多焦点眼内レンズと比べて、近方の見え方が少し下がるものの、副症状の少ない、より多くの方が安心して使用できるレンズです。特にミニウェル レディ®(SIFI社)は、テクニス シンフォニー®オプティブルー(AMO社)と比べても、さらに副作用が少なく、現在、最も優れている眼内レンズのひとつだと当院は考えています。

多焦点眼内レンズは全額自己負担のため高額となりますが、白内障手術後に眼鏡の使用頻度を減らしたいと願われる患者様が年々多くなり、多焦点眼内レンズを選ばれる方も増えています。*テクニス シンフォニー®オプティブルー(AMO社)は厚生労働省に認可されており、先進医療保険の対象となります。

単焦点眼内レンズの見え方 多焦点眼内レンズの見え方

多焦点眼内レンズは高機能ゆえに、精密な手術や検査が求められ、患者様の眼や性格、生活によっては単焦点眼内レンズよりも悪い結果になってしまうこともあります。白内障手術時に多焦点眼内レンズを希望される方、興味のある方は、担当医またはスタッフにお気軽にお尋ねください。


トーリック(乱視矯正用眼内レンズ)

トーリック眼内レンズとは、白内障手術で濁った水晶体の代わりに、移植される眼内レンズの1つで、乱視を矯正できます。
乱視は目のレンズである水晶体と角膜の歪みによって生じます。白内障手術により水晶体の歪みはなくなりますが、もう1つのレンズである角膜の歪みは残ります。
乱視があると、白内障手術後も裸眼では、物がぶれて二重に見えるといった症状がでます。乱視の症状は、トーリック眼内レンズを移植して、眼内で角膜の乱視を矯正することで軽減します。

トーリック眼内レンズは、手術のリスクが通常の眼内レンズと変わらず、金銭的な負担も保険適応なので全く同じです。
トーリック眼内レンズのデメリットはないと言っても良く、当院では白内障手術でトーリック眼内レンズの適応のある方には積極的に使用するようにしています。



白内障の治療方法

1治療しない

通常は白内障の手術は緊急にしなければならないものではありません。ですから今すぐには手術はしないというのも、ひとつの選択です。放っておくと白内障は進行して視力はゆっくりと悪くなっていくでしょう。けれども、時には白内障の進行と共に緑内障ぶどう膜炎が起こってきて、急いで手術をしなければならない状態になることもあります。
このような緊急事態になってから行う白内障の手術の結果は、通常の白内障の手術の結果ほどかんばしくありません。

あなたの白内障が将来このような緑内障やぶどう膜炎を合併するかどうかは、なかなか予想しにくいものです。このような時期を見過ごさないために、たとえ近い将来手術を受けないことにしても、信頼できる眼科医を定期的に受診しましょう。

2薬物治療
現在の所、はっきりと白内障を改善する薬物は知られていません。白内障の進行を遅らせる薬物として、カタリン、カリーユニ、イセチオン、タチオン等があります。
3手術

殆んどの白内障は手術によってのみ改善します。当院では最新の設備と技術により手術用顕微鏡下で白内障の手術を行っており、皆様に満足していただいております。

白内障(濁った水晶体)はとそれを取り囲む皮質、及び一番外側の嚢(前嚢と後嚢)とに分けられます。これらを取り除く手術の手順は22のステップに細分化されますが、大筋としては、前嚢の中央部を切除し、核を超音波乳化吸引するか娩出するかし、皮質を吸引するということになります。核を超音波乳化吸引するか(白内障超音波乳化吸引術)、娩出するか(白内障嚢外摘出術)の判断は白内障の性状によりますので、院長に任せていただきます。

白内障を取り除くと水晶体の屈折度数だけのレンズを眼の中か外に補わなければ、物がぼけて見えます。当院では眼の中に眼内レンズと呼ばれるレンズを挿入して手術を終了するのが普通です(眼内レンズ移植術)。
通常は眼内レンズは一生入れ替えることはありません。何らかの理由で眼内レンズを使用しない場合は、手術の後でコンタクトレンズか、ぶ厚い眼鏡を使用します。コンタクトレンズは毎日出し入れしなくても良く、1週間ないし、1ヶ月程度続けて使用できるものもあります。

白内障の手術は視力を良くする目的で行われ、院長以下スタッフ全員はこの目的のために最善を尽くします。
けれどもまれに、手術結果の視力が手術の前の視力と変わらなかったり、前の視力より悪くなったりすることがあります。
その原因としては、眼内の出血、角膜の浮腫、感染、創の癒着不全、網膜剥離、網膜浮腫、眼内炎、複視、緑内障、眼内レンズの脱落、後発白内障等があります。これらの合併症に対しては万全の処置をこうじますが、非常にまれに結果的に失明にいたる可能性のあることも記しておきます。

さらに他のいかなる手術にも起こりうる合併症もあります。すなわち、手術中に使用する局所麻酔剤や他の薬剤に対する異常反応、突然の脳出血、突然の心臓停止等です。
これらの合併症は予見しがたいものですが、幸い頻度は非常に低いものです。

白内障の手術は受ける前には、以上の事を良く理解してください。その後手術承諾書に署名してください。分からない事、心配なこと等は来院された際、医師又は看護師に遠慮なくお聞き下さい。また、少しでも異常を感じたらそのまま放置せず、ためらうことなく直ちに受診してください。

当院での手術白内障手術は日帰りで行えます。

手術の進歩によって、以前に比べ白内障手術はより安全により正確にできるようになりました。当院では白内障手術を一泊入院日帰りで行っております。また、近くのホテルでの宿泊も可能ですのでご相談下さい。白内障手術は、点眼麻酔で約10分です。

手術は小さい創から超音波を利用して水晶体の濁りを吸引した後、眼内レンズを挿入します。通常目薬の麻酔で手術を行います。顕微鏡を用いて行う繊細な手術ですが、心配は要りませんので、リラックスして顕微鏡の光をしっかり見ておいてください。手術後は1日眼帯をします。その後1週間保護メガネを使用します。眼内レンズは半永久的に使用できます。

眼内レンズは取り除いた水晶体の代わりに、ピントを合わせる働きをします。水晶体がもとあった位置に挿入するため、異物感はなく、取り外しをする必要もありません。
白内障手術後でも眼鏡は必要です。

挿入するレンズの度数によって、以前の遠視・近視の状態や、老眼鏡の度数が変化します。そのため、手術前に使用していた眼鏡が合わなくなります。必要があれば手術後1ヶ月で眼鏡合わせをしますが、その間、間に合わせの眼鏡も貸し出しています。ご相談ください。

高度な医療技術と最新の手術設備で
白内障手術を安全に行います。

一人でも多くの方に光ある喜びを感じ満足していただけるよう、医師及びスタッフは細心の注意を払い100%の成功を目指しています。
皆様に愛され、信頼される医療機関でありたいと願っております。

三好眼科では昭和63年4月に開院以来、平成30年8月31日現在で

自院で62,102例、出張手術5,827

合計67,929 の白内障手術をおこなってきました。


当院の手術実績はこちらへ

ご予約・お問合せ

※当院は予約制をしております。
新患、再来をとわず予約を行えます。

電話予約はこちらへ

084-
927-2222

午前/8:30~12:00
午後/15:00~18:00

休診/木・土曜日午後
日曜日・祝祭日


(メールでの予約はお取り扱いをしておりません)

▲このページの先頭へ ページの先頭へ